イベントスケジュール

319日(火)

ワン・コインコンサートVol.32 作曲家シリーズ第4弾「チャイコフスキー」~華麗なるバレエ音楽の世界へ~

ワンコインで上質な音楽をお送りします。

区民企画委員「アートUPくらぶ」による企画「作曲家シリーズ」。
一人の作曲家に焦点をあて、クラシック音楽を楽しんでいただく評伝的コンサートシリーズで、『フレデリック・ショパン』『ロベルト・シューマン』『ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト』に続く第4弾です。
今回はチャイコフスキーのバレエ音楽を、ピアノとヴァイオリンの調べでお送りします。

―――

本コンサートを企画した アートUPくらぶ とは・・・
「アートUPくらぶ」とは、みどりアートパークの自主事業に関わりながら、舞台の企画制作を学び、事業を自ら提案するとともに、みどりアートパークと協働で事業を開催する市民参加の団体です。

日時
13:30開場
14:00開演
場所
ホール
出演
●伊藤慧/ピアノ
フェリス女学院大学音楽学部器楽科卒業後、江口海外奨学金など様々な奨学金を授与されドイツシュトゥットガルト音楽大学マスタークラスを修了。2008年‐2009年ドイツブレーメン芸術大学にゲスト生として在籍。第20回PTNAピアノコンペティションDuo部門東日本第1位、全国大会にて奨励賞、ソニー賞受賞。第10回かながわ音楽コンクールユースピアノ部門にてヤマハ賞、第13回同コンクールにて神奈川新聞社賞。第14回厚木青少年音楽コンクールにて厚木市長賞受賞(総合第1位)。第6回ピアノアンサンブルフェスティバルにて日本ビクター賞受賞。第13回ピアノ教育連盟ピアノオーディション全国大会にて入賞、記念演奏会出演。第2回ペトロフピアノコンクール第3位。第4回ローゼンストック国際ピアノコンクールにて奨励賞。アジア国際コンクール2007にて優秀賞受賞。第1回山手の丘音楽コンクール連弾部門第1位、Fグループ賞、横浜ロイヤルパークホテル賞。第6回東京ピアノコンクール一般A部門第2位これまでにN響団友オーケストラ、ポーランドクラクフ国立室内管弦楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団と共演。サウンドインレーベルより、「ブルクミュラー兄弟の作品集」「クララ&ロベルトシューマン」「2台ピアノによる動物の謝肉祭」をリリース。2018年冬、4枚目のアルバムとなる「音と言葉の物語」をリリース予定。2018年より神奈川フィル首席奏者陣と贈る「ヨコハマ・クラシックス」のシリーズがスタート。

●那須亜紀子/ヴァイオリン
熊本県出身。洗足学園音楽大学・同大学院弦楽器専攻を首席で卒業。大学在学中、前田記念奨学金、明治安田クオリティーオブライフ文化財団奨学金を併せて授与される。JTアートホールにおける「期待の音大生によるアフタヌーンコンサート」(2005、2007年)、卒業演奏会、グランプリ演奏会などに出演。また、秋山和慶氏、原田幸一郎氏指揮によるオーケストラと協奏曲を共演、「東アジア文化都市2014」日本代表アーティストに選出され中国公演を行うなど様々な公演に出演。これまでにヴァイオリンを広瀬大喜、鶴和美、石井志都子、永峰高志の各氏に、ヴィオラを岡田伸夫、井野邉大輔の各氏に、室内楽を木越洋、原善伸、岡田伸夫、安永徹、市野あゆみの各氏に師事。フェリス女学院大学非常勤副手、洗足学園ニューフィルハーモニック管弦楽団首席奏者を経て、現在はソロ・室内楽・オーケストラ・タンゴと多岐にわたる演奏活動、ちちぶ国際音楽祭 (2012~2015年) 共演指導者・ラインハイト室内楽アカデミー講師を務めるなど指導にも力を注いでいる。

●漆間有紀/ピアノ
フェリス女学院大学演奏学科を経て同大学院修了。器楽部門賞受賞。読売新人演奏会をはじめ、在学中より様々な演奏会に出演。全日本学生音楽コンクール、PTNAピアノコンペティション、かながわ神奈川音楽コンクール、山手の丘音楽コンクールなど数多くのコンクールにて入賞。これまでにピアノを江崎光世、山田有里子、橘高昌男、黒川浩の各氏に師事。フェリス女学院大学非常勤副手を経て、合唱伴奏やアンサンブルピアニストとしての演奏活動の他、後進の指導にもあたっている。
演奏曲目
≪くるみ割り人形≫より「花のワルツ」「行進曲」
≪白鳥の湖≫より「情景」「四羽の白鳥」
≪眠れる森の美女≫より「ワルツ」 他
チケット
全席自由(定員300名)
500円(チケットの販売はございません。当日、現金でお支払いください。)
※定員に達した場合はご入場いただけません。予めご了承ください。
イベント追記
チラシ
チラシ裏面